【本気で募集】広報活動にお困りの企業さま、お話を聞かせてください。

「本気で “ お見合い ” することにしました!」

……なんだかとってもややこしい勘違いを引き起こしそうですが、わたくし、ガチですることにしました。ーー2018年下半期、新しい企業さまとの“お見合い”を

先日、法人化のご報告をした際に書いた通り、今年8月以降、単発のライティング案件をお受けするのをやめることにしました。これを機に、働き方を大きく転換してみたいと思っています。

で、これから一体なにをやるの?

今後、取り組んでいきたいことの軸はこれまでと変わりません。発信したいことはたくさんあるのに、思うように広報活動できない。ぜんぜん言語化ができていない。時間がない。ノウハウがない。人手が足りない。そんな企業・団体の方と、お仕事をご一緒できれば……と、考えています。

ただし、「ライター」というこれまでの便利な肩書きは、封印します。イメージは「外注ライター以上、社員未満」。

1)特定の企業・団体に中長期的に関わる(最低でも半年以上)
2)企業フェーズによって、都度必要とされるアウトプットを担う
3)成果が出るまで、プロジェクトや事業に伴走する

最近は「インハウスエディター 」なんていう言葉をあちこちで聞くようになりましたが、あえて肩書きをつけるならそれがいちばん、近いかもしれません。

・ ・ ・

ただ、長期的にご一緒するとなると、いろいろな条件をクリアする必要があります。お互いに。

いまの私がご提供できるノウハウや、現時点でもっているスキルや知識でお役に立てるのかどうか。企業さま側の求めていることと合致するか。さらに、正直、相性の問題もけっこうあると思っています。

「これぞ!」とお互いに思える人たちとご一緒できるよう、今年下半期は、さまざまな会社とじっくりと対話を重ねていく、“お見合い期間”をもうけてみることにしました。

 

で、何をどうするの?

ご発注前提でなくとも全く構いませんので、「社内でそういう役割が必要」「ちょっと試しに話を聞いてみたい」というお客さま、募集します。1〜2時間程度、簡単なヒアリング&コンサルティングをさせてください。(1社さま1回のみ/完全無料)

—–

応募フォームはこちら

—–

以下のようなことをご提供できます

・現時点で困っていること、課題の整理をお手伝いする
・お困りのことに対して、なんらかのアドバイスをご提示する
・他企業の事例について情報をお伝えする
・とにかくあふれんばかりの熱い想いをぶつけていただく
・ちょっとならグチも聞きます!(笑)(ただし、基本的には前向きな話がしたいです!)

 

ちょっとでも「なんとなく、興味ある」と思われた企業の方、発注前提ではなくても構いませんので、一度、お話を聞かせてもらえませんか?

—–

応募フォームはこちら

—–

お会いして、お互いにフィーリングが合って、課題も整理できて、「なんかこいつに長期的に任せてみてもいいかも」と思っていただけたら、そのときにはじめて、具体的なお仕事のお話をさせていただこうと思っています。

その1回きりで、「あとは自社でがんばるわ!」となったとしても、まったく問題ありません。

 

●こんな企業・団体さまのお役に立てるかもしれません <OK!

・数名〜数十名規模の会社である(多くても数百人まで)
・BtoB領域のビジネスである
・情報発信をしたいのに人手が足りない
・中長期的に必要な取り組みに注力していきたい
・数十年続いているが、時代に合わせたアップデートが必要
・会社ができたばかりで、カルチャーが浸透しきっていない
・社長が忙しすぎて情報発信ができていない
・これから広報活動に力を入れていきたいと思っている
・並々ならぬ思いがあり、伝えたいことがあふれている(最重要!)

●ちょっと私ではお役に立てないかもしれません <NG!

・数千〜数万人規模の大企業である
・BtoC向けの商材・サービスを扱っている
・今すぐ手をつけなければいけない課題がある
・半年以内の短期で達成しなければいけないミッションがある
・とにかく量とスピード重視である
・オウンドメディアの運営だけを任せる先を探している
・売上が下がっているのでマーケティング施策を見直したい
・決裁権をもっていらっしゃらない方からのお問合せ
・思い云々はどうでもいいので数値的な成果を求めている

 

—–

応募フォームはこちら

—–

ひとつでも多くの企業さまとお話できることを、楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

 


 

▼以上、漠然とした取り組みでわかりにくい箇所もあるかもしれませんので、不明点は以下よりお問合せください。

お問い合わせ