【2016年のはじめに】今年「やること」ではなくて「やらないこと」を決めました。

まるでジェットコースターのような日々。毎日振り落とされないよう必死にすごしてきましたが、みなさまのおかげで、独立4年目の年明けを無事にむかえることができました。

これからもみなさまにとって必要な存在でいられるよう、地に足をつけて取り組んでいきたいと思います。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2016年のはじめに 大島悠

 


 

昨年はいろいろと後先考えずに突っ走りすぎて大反省したので(ご迷惑をおかけしたみなさま本当にごめんなさい)、今年は少しゆっくりしたスタートを切っております。スタートダッシュ3年間は、おかげさまで順調に推移しました。だからこそ、この先の3年間はちゃんと考える時期。目の前のことになんでもかんでも飛びつくのではなくて、考えて考えて、きちんと取捨選択をしていこうと思います。

 

実は独立以来、「やらないこと」を毎年ひとつずつ決めてきました。こころのなかでひっそりと。何をやるかよりも、「何をやらないか」を決める方がむずかしい。でもそうしないと、いつになっても同じステージでもがき続けなければならないんですよね。

 

◆その1:お客様と直接会えない仕事はやらない。

◆その2:条件が曖昧なままの仕事はやらない。

◆その3:“下請け業者”としての仕事はやらない。

◆その4:自分じゃなくてもできる仕事(事務、経理など)はやらない。←NEW!

 

一見当たり前のようなことばかりですが、「なんでもやる」オープン状態だと「まあひとつくらいいいか」と受けてしまうことも……。だから今年はこの4つを徹底します。
フリーランスであること。得体の知れない不安に襲われて眠れなくなる夜もあるけれど、それ以上に「自分の決断次第で何だってできるんだ」と、大きな開放感を感じることも多くなりました。今年も、可能性やチャンスには敏感でありたい。そして自分だけではなく、他のライターさんや業界全体、そしてお客様にとって役立てる存在でありたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です