「ルール」は“ちょっとだけ”がちょうどいい

なんでもかんでもがんじがらめにすればいいってもんじゃない!

ここのところ、わりと心身ともに順調に日々を過ごしていたのですが、この週末久しぶりに体調を崩しました。体調、というか半分以上は気分的なところが大きかったんですけど…

いろいろ振り返って反省したのが、「やりすぎは禁物」。

 

今、24時間365日、ほぼ自分の自由に使えてるわけなんですが、そのなかで効率よく仕事するにはどうしたらいいかーー朝型にして午前中になるべく仕事するとか、絶対徹夜はしないとか、週1日は何にもしない日があったほうがいいなーとか。あれやこれやと試行錯誤している最中です。

なんとなくある程度のリズムみたいなものはできてきたと思ってたんですけどね。

 

でもどんなにリズムができていても、どうしたっていろんなことが重なるときはあるわけです。仕事の分量はもちろん、トラブルとか、人と会う約束とか、自分が見に行きたいものとかやりたいこととか。

 

あるフリーの方が仰っていた「自分にアポを入れる」感覚。

その「アポ」、適度にある分にはメリハリがついていいんですけれど、先週私はやりすぎた(苦笑)

 

要は「いつまでに何をしなきゃいけない」「何時までにどこに行かなければいけない」みたいなことが重なりすぎて(とはいっても、見返したらそんな大したスケジュールではなかったのだけれど)、「いやもう無理ーーー!!!」ってなっちゃったんだと思う。脳みそと身体が。

スケジューリングするのにどうしても一番あとまわしになってしまうのが休憩とか休日設定だったりするので、反省してちゃんと気を抜く時間もつくろうとしみじみ思いました。

 

組んでるときは、「まあいけるでしょ」と思いがちなんですけどね。いい加減、自分の身体のリズムも理解しようと思います。

フリーで仕事するのに自分の「ルール」づくりは必要だと思いますが、大事なこと、必要最低限でいいのかも。