1人だけど、上半期を一応総括してみる

今年も半分が終わりますね。私にとっては怒涛の半年でした。

今年の年明けくらいから、営業面であれこれ好き勝手に「実験」しはじめて、その一つひとつの結果に一喜一憂したり、頭抱えて悶絶したり、時には周囲に多大なご迷惑をおかけしながらも、なんだかんだ日々楽しく仕事させてもらっていることに感謝しています。

そしてようやく仕事のサイクル(経済的な)ができてきて、明日のことすら不安で眠れないというしんどい日々から、やっとどうにか脱した感がある。どうにか。まあ、とはいえ見込みの数字が出ているのは向こう3ヶ月程度なので、そのあとどうなるのかは、相変わらずさっぱりわからないのですが。(それがフリーの面白いところなんですけどねっ!)

今、個人的な感覚として実感していることは

「自分で考えて、なにかしら具体的に動いたこと、実践したこと」

というのは、必ず次のどこかにつながっていくんだなということです。

それは「こうしたい」と考えていたことに一歩近づくような出来ごともあれば、全く想定していなかった出会いのこともあって、今のところ、結果的に1年前は全く想像していなかったフリーランス生活を送っております。

とはいえ単なる無謀な突撃(して当たって砕け散るだけの)スタイルでもダメだけど、アタマでっかちでうんうん迷ってるだけでもダメってことですね。

ここ数年はやらなきゃいけないことに迫られ、追われるばかりでしたが、やってみたい自主企画のアイディアもいくつか出てきたりしています。

ひとつひとつしかできないけど、ひとつひとつ、下半期もさらに楽しく“実験”していきたいと思います。

 

+お受けできる仕事・料金表など →→→ WORKS
+ライター大島悠の詳しい経歴など →→→ PROFILE

info